Episode 11 – The Story in the Notebook

Jupyter Notebook の利用実態を調査した “The Story in the Notebook: Exploratory Data Science using a Literate Programming Tool” と “Exploration and Explanation in Computational Notebooks” を森田が紹介します。感想などはハッシュタグ #misreading か hello@misreading.chat にお寄せください。

 

 

Episode 10 – Deep Probabilistic Programming

確率的プログラミング系の論文 “Deep Probabilistic Programming” を向井が紹介します。感想などはハッシュタグ #misreadinghello@misreading.chat にお寄せください。

Follow-up

Episode 9 – Automatic Differentiation in Machine Learning: a Survey

自動微分のサーベイ論文 “Automatic differentiation in machine learning: a survey” を 森田が PyTorch のコードを読みつつ紹介します。感想などはハッシュタグ #misreadinghello@misreading.chat にお寄せください。

Follow-up and Correction

  • PyTorch の論文は 2017 の Autodiff Workshop で発表されていたようです。
  • 10:25 あたりで計算途中の変数が Tensor になっていると言っていますが、Variable の間違いです。

 

Episode 08 – Generative Adversarial Nets

機械学習で画像を生成させる系の論文 “Generative Adversarial Nets” を向井が紹介します。感想などはハッシュタグ #misreadinghello@misreading.chat にお寄せください。

Follow-up

Episode 07 – One VM to Rule Them All

Graal VM のデザインを説明した論文 One VM to rule them all を森田が紹介します。

Graal VM のデザインを説明した論文 “One VM to Rule Them All” を森田が紹介します。感想などはハッシュタグ #misreading か hello@misreading.chat にお寄せください。

Follow-up and Correction

Episode 06 – CloudBuild: Microsoft’s Distributed and Caching Build Service

Microsoft の社内用分散ビルドシステム CloudBuild を向井が紹介します。

Microsoft の社内用分散ビルドシステム CloudBuild の論文を向井が紹介します。数千万行の巨大な既存コードベースのビルドをいかにそのまま分散化するか、その頑張りが見どころです。感想などはハッシュタグ #misreading か hello@misreading.chat にお寄せください。

Follow-up

Episode 05: Agile CPU / Versioned Golang

アジャイルなCPU開発とGoの次世代バージョン管理。

森田が紹介するのは CPU をアジャイルの流儀で開発しようと主張する An Agile Approach to Building RISC-V Microprocessors, 向井が紹介するのは Go の次世代バージョン管理システムのデザインを解説した Go & Versioning です。感想などはハッシュタグ #misreading か hello@misreading.chat にお寄せください。

An Agile Approach to Building RISC-V Microprocessors

Go & versioning

Miscellaneous

Correction

  • Maven 3 Processor のクロック切り替え所要時間を 20 秒と言っていますが 20 ナノ秒の間違いです。20 秒で切り替わっても何も嬉しくないですね・・・
  • SATの正式名称は Boolean Satisfiability Problemでした。言い間違えました。